歩く人々

金利のタイプ

売却後に賃貸借契約

住宅ローンの返済が困難になって、担保になっている自宅を任意売却して返済をする場合に、売却後にその不動産を賃借することがあります。
住宅ローンの残債が多くて自宅を売却しても完済できない場合にはこの方法は使えませんが、ある程度は住宅ローンの返済が進んでいる場合や地価が上昇して自宅を高く売れる場合などには実現できることがあります。
この方法では、売却後に長期の賃貸借契約を締結してくれる業者を見つけることが必要になります。
自宅の所有権は失いますが、そのまま自宅に住み続けることが可能になります。
勤務先が倒産して転職したために収入が大幅に減少して住宅ローンの返済が困難になったものの、家賃程度であれば支払えるという人が利用します

不動産業者が協力してくれる場合

市場価格よりも割安で購入できることを条件に長期の賃貸借契約を締結してくれる業者がいます。
割安に購入できて安定した家賃収入が得られるものの、長期間は他の用途に使えない物件になりますので、この売買に協力してくれる業者を見つけられることがポイントになります。
住宅ローンを借りていて返済が困難になった人の中には少しでも高く購入してくれる相手を見つけることを優先する人が多いですが、その場合には確実に自宅を出て行かなければなりません。
子供の学校、通勤、介護などの家庭の事情で、そのまま住み続けることを優先するために市場価格を少し下回る価格であっても、購入後に長期の賃貸借をしてくれる業者に売却する人もいるのです。