歩く人々

支払い方法

銀行への説明が不可欠

自宅の売却によって住宅ローンの返済をする人は既に住宅ローンを延滞していることがほとんどですので、銀行への相談は不可欠になります。
自宅を売却することによって住宅ローンを完済する計画であること、売却後に賃借することで住み続けられる可能性があること、購入してくれる業者を見つけられる可能性があることなどを説明して銀行の理解を得ます。
銀行には競売を申し立てないで任意売却できるまで待ってもらう必要がありますが、延滞回数が多くなっている場合などは銀行も無期限には待てませんので、期限を設けることになります。
自宅の売却によって住宅ローンを返済するまでの間は延滞利息も発生しますので、早急に業者を見つけなくてはなりません。

成功させることは難しい

住宅ローンを支払が難しくなり、任意売却で住宅ローンを整理しようまたは圧縮しようとする場合に、無理をし過ぎる方はなかなか成功することが難しいのです。
無理をし過ぎるとはどういうことかというと「まだ何とかなる」「今をしのげば何となる」などと考えローンを遅れながらも支払続ける。
または、ローンを支払うために借金を重ねる。
冷静になって考えれば、この状況を続けることは不可能であることは、ご自身が一番分かっているはずです。
しかし、決断が出来ないだけなのです。
では、なぜ無理をし過ぎると任意売却は成功しないのでしょうか。
それは、遅れながら約定金に不足する金額を毎月支払っていた場合、支払ってもおそらく借金は減るどころか増えているのです。
一生懸命支払っても、利息や損害金でその支払ったお金は消えて、元金は減らず、利息は増える。
つまり、返済しなければいけない金額が大きくなって行っているのです。
住宅が実際に売れる金額を返済しなければいけない金額が上回れば上回るほど、任意で売却することについての担保権者の承認が取れ難くなるからです。
一方、返済をする場合に借金を重ねた場合は、住宅ローン自体は減りますが、余計な金利が発生し結果的に借金の総額は増えて行きます。
住宅ローンが無くなっても、それを返済するための借入金を返済し続けなければなりません。